配偶者ビザの更新はいつからするの?

配偶者ビザには在留期間があるため、在留期間満了日が到来する前に在留期間更新許可申請を行い、在留期間を更新しなければなりません。この在留期間更新許可申請はいつからでもできるわけではなく、在留期間満了日の3ヶ月前から申請することができます。

現在お持ちの在留カードを見て頂くと、表面の真ん中より少し下の部分に( )で記載されている年月日がありますが、それが在留期間満了日となるので、これから3ヶ月さかのぼった年月日以降が申請できる時期となります。例えば、平成27年9月8日が在留期間満了日の場合は平成27年6月8日から申請が可能となります。

在留カード見本

スポンサーリンク

在留期間満了日を過ぎてしまうと

ところで、申請人の中にはたまに在留期間満了日ぎりぎりで申請する人がいますが、できるだけ余裕を持って申請したほうがよいです。なぜかというと、万が一不許可になった場合、入国管理局で不許可理由を聞いてクリアーできる内容であれば、ほとんどの方は再申請をすると思うのですが、再申請をするにしても書類を作ったり集めたりするためには時間が掛かります。

この時間がなければ在留期間満了日を過ぎてしまい、再申請をすることができなくなってしまいます。再申請ができずに在留期間満了日を過ぎてしまうと、オーバーステイという悲惨な結果になってしまいます。

このようなことを考えると、配偶者ビザを更新するときは余裕を持って早めに申請することをおすすめします。

なお、在留期間満了日までに在留期間更新許可申請をした場合は、たとえ在留期間満了日を経過した後でもオーバーステイにはならず適法に日本に滞在できる期間があります。

在留期間満了日までに在留期間更新許可申請をすれば、たとえ申請中に在留期間満了日を経過したとしても、直ちに違法となることはなく、『許可・不許可の決定または在留期間満了日から2ヶ月を経過するまで』は適法に日本に滞在することができます。

(Visited 4,998 times, 6 visits today)
スポンサーリンク