配偶者ビザの更新にかかる料金

cost

配偶者ビザを更新するための費用は、まずは入国管理局に支払う手数料として4,000円が必要です。
手数料は更新するたびに必ず掛かる費用です。

その他としては、入国管理局に行くための交通費、市役所などから取得する戸籍謄本などの手数料が必要になります。
ご本人が配偶者ビザの更新を行う場合はこれでよいのですが、行政書士等に依頼する場合は、報酬として料金が発生します。
この料金は事務所によってさまざまですが、おおよそ8万~10万くらいが多いようです。

しかし、上述した行政書士の報酬は一般的な料金であり、難易度によってはこれ以上に料金が掛かる可能性は十分にあります。
そのため、代行料金はご相談したときに必ず聞いておきましょう。

スポンサーリンク

経験のない行政書士に頼むと高くつく場合も

料金も大切ですが、それよりもご依頼する行政書士等が、あなたのご依頼業務を行った実績があるかどうかがとても重要です。

例えば、「料金8万円で配偶者ビザの仕事をほとんどしていない人」と「料金10万円で配偶者ビザの仕事を頻繁にしている人」ならあなたはどちらに依頼しますか?

人によって意見はさまざまかと思いますが、このような場合、私なら料金が多少高くても後者を選びます。
外国人配偶者にとっては、日本で生活できるかできないかは大きな問題であり、もし不許可になったら数万円のために後悔するからです。

ただし、料金が高くても実際にはあまり業務を行っていないため入管業務がわからない方もいます。
逆に、料金が安くても業務をたくさん行っているため、入管業務に詳しい人もいることにも注意してください。

つまり、一概に料金が高いからといって、入管業務が詳しいとは限らないのです。
どのような人に依頼するかは人それぞれですが、料金のみで決めるのは危険なこともあると考えておくべきです。

▼行政書士に配偶者ビザの取得代行を検討している方はこちらの記事もご覧ください。

配偶者ビザの取得や更新を行政書士に代行依頼するときの注意点

(Visited 8,798 times, 5 visits today)
スポンサーリンク